個別指導学院サクシード 成績が上がるまで
丁寧に指導します

トップページ > 教室ブログ > 中原校の教室ブログ > 『自習』と『授業』の使い分け

『自習』と『授業』の使い分け

2022.10.28

みなさんこんにちは。サクシードの大谷です。

 

定期テストが目前に迫ってきましたが、順調にテスト勉強は進んでいますか?

先週から定期テスト対策授業も増え、多くの生徒たちが頑張って教室に足を運んでいます。

今回は定期テスト対策授業と自習の使い分けについて紹介していきます。

 

定期テスト対策授業は授業なの横に先生がついていてくれます。

なので、このテスト対策授業の時に学校の授業でわからなかったところや苦手なところを

どんどん先生に質問して、「わからない」を「わかる」に変えていきましょう

ただし、どうしても授業は時間は限られているので反復練習や暗記は自習室や自宅で行い、

「わかる」から「できる」に昇華させてください。

 

授業では「わからない」を「わかる」に変える。

自習の時間でしっかりと演習をし、「わかる」から「できる」に変えていく。

これの繰り返しになります。

油断しているとあっという間にテスト本番です!

メリハリを付けてしっかり勉強をしましょう!!

記事一覧に戻る

お申し込み・お問い合わせはこちら

遅刻・欠席などの教室へのお問い合わせは
各教室ページから教室へ直接ご連絡ください>>

0120-131-366 無料体験授業 資料請求フォーム