個別指導学院サクシード 成績が上がるまで
丁寧に指導します

トップページ > 教室ブログ > 中原校の教室ブログ > 「テストでいい点数をとるために」

「テストでいい点数をとるために」

2021.11.13

皆さん、こんにちは。講師の池田です。

                                                               皆さんはテストの問題を全て解こうとしていますか。

もちろん全て解くという心構えは必要ですが、

テスト中は「諦める勇気」もしっかり持っておきましょう。

諦めるというとネガティブな印象ですが、私が言いたいのは

「戦略的に諦める」ということです。

                                                              テスト中分からない問題が出てきたとして、皆さんはどうしますか。

意地でも解く、少し考える、即諦める、いろいろな考えがあると思います。

                                                               ここでやってはいけないのは「意地でも解く」ということです。

                                                               テストでは自分の実力以上のことは出せません。

答えが天から降ってくるわけでもありません。

それにも関わらず、分からない問題をむやみに解いても、解くのは難しいでしょう。  

それならば、諦めて他の自分が解けそうなものから解いたほうが

点数は伸びると思いませんか。

                                                               「戦略的に諦める」ということはそういうことです。

                                                                   自分の解けない問題は諦めても、他の解ける問題を確実に正解し、

点数を稼ぐのはとても合理的なテストの解き方です。

これをさらに効率的にやるためには、まずテストが始まった瞬間、

全体の問題を見て、やる順番を決めることです。

できそうな問題を先にやり、難しい問題をあとにやることで、

簡単な問題を焦らずに解くことができます。

                                                              また、皆さんはこんな経験がないでしょうか。

「あれ?これ直前まで覚えていたのに何だっけ?」という経験です。

いわゆる、ド忘れっていうやつです。

こんな時の対処法として、私が通っていた塾の先生が言っていたのは、

「10秒考えても思いつかなかったら諦めろ」ということです。

とても理にかなっていると思います。

                                                              ド忘れの時ほど考えれば考えるほど思い出せなくなります。

なので、次の問題にいき、できる問題からやる。

そっちのほうが、時間を喰わずに済みますし、意外と問題を解いている時に

ド忘れしていたものを思い出すことがあります。

もちろん、テストでいい点数をとるということは諦めてはいけません。

しかし、先程も言ったように自分の実力以上のことは出せません。

時にはどうしても分からない問題もでてくることがあるでしょう。

そういう時に焦らず、いい点数をとるためには何ができるかを考えるようにしましょう。

                                                               中原校では無料で体験授業を行っています。

私の授業を是非受けに来てください。

お申し込みはコチラをクリックしてくださいね。

記事一覧に戻る

お申し込み・お問い合わせはこちら

遅刻・欠席などの教室へのお問い合わせは
各教室ページから教室へ直接ご連絡ください>>

0120-131-366 無料体験授業 資料請求フォーム