朝食の重要性について

更新日:2020年7月25日

皆さんこんにちは。講師の野村遥香です。

暑くなってきましたがいかがお過ごしでしょうか。

もうすぐ夏休みになる、という方も多いですよね。「夏休みに突入するとついつい生活リズムが乱れる…」「起きる時間が遅く、朝食を抜いてしまう…」なんてことはありませんか?

今回は、朝食のお話しをしたいと思います。

一般的に、朝食はしっかりと食べた方が良いと言われています。

それはなぜだと思いますか?

答えを書く前に、体の中で起こる代謝反応を簡単に説明します。

食後、人間の体内では血糖値が上昇し、その後、血流にのって脳、肝臓、筋肉などの様々な臓器に糖が運ばれます。糖は、各臓器でエネルギー源として働きます。

特に脳はグルコースから産生されるブドウ糖のみをエネルギー源にしていることはよく知られています。

勉強に疲れたとき、甘いものを摂取する人もおおいと思いますが、これは脳へエネルギー源であるグルコースを供給するためなのです。

では、朝食を抜いてしまうとどうなってしまうでしょうか。

血糖値がなかなか上がらず、エネルギーが供給されない。特に、ブドウ糖が欠損し、脳は栄養不足の状態に陥ってしまいます。そして、心身の活動力の低下や集中力の低下など体に悪影響を及ぼします。

上記の理由から、朝食は欠かさず食べることをおすすめします。 受験生は勝負の夏。受験生ではない方でも、このご時世では課題が多く出されることと思います。しっかりと朝食を食べ、朝から集中して学習をし、午後息抜きに遊びに行く。このように時間を上手に使ってみて下さい。

体験授業、資料のお申込みはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-131366

11:00~21:00(土曜19:00まで/日祝休業)

※遅刻・欠席などの教室へのお問い合わせは各教室ページより教室へ直接お願いします。

  • 合格実績
  • 虎の巻ブログ
  • instagram

体験授業、資料のお申込みはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-131366

11:00~21:00(土曜19:00まで/日祝休業)