トップページ > 各校のご案内 > センター南校トップ > お知らせ > センター南校では、受講科目以外の学習の指示を行っています

センター南校では、受講科目以外の学習の指示を行っています

更新日:2015年4月28日

みなさん、こんにちは。サクシードの泓田です。

新学年・新学期もスタートしてまもなく1ヶ月が経とうとしています。

4月、学校の授業の進度はゆっくりとしていますが、5月のゴールデンウィークを明けたあたりから授業のペースが上がります。1年生の皆さんは特に、『あれッ、中学の勉強ってこんなものなんだ!』と油断しないように、気をつけてください。

サクシードでは、多くの中学1年生の皆さんが、今の時期は学校の内容を予習的に学んでいます。しかし、ただただ予習的に勉強するのではなく、学習分野にリンクした既習分野を必ず見直すようにしています。

つまり、小学校時代の『苦手』を蔑ろにした状態で、中学の学習を深めることは決してできないということです。

例えば数学の場合、正負の計算では、小学時代の四則演算や分数・小数の加減乗除がベースになります。文字式の計算では、小学校で習った速さや割合の考え方を文字で表すようになります。中学校の教材だけを使って、中学校の授業の内容に合わせて学習しているだけでは、本質的な理解は難しいのです。

これは何も中学1年生の話ではなく、2,3年生も同じです。積み上げ型の科目である数学や英語などは、今までのベースが在るから理解ができます。ベース抜きにした学習は、その内容を『理解する』のではなく、その内容を『単体で覚える』に過ぎません。そのような付け焼刃的な学習は正直無駄ですよね。推奨できません。

今までの『苦手』を克服しながら、今の学びを深めていく。是非、サクシードにそのお手伝いをさせて頂ければ幸いです。

それでは本題に入りますが、サクシードでは御希望いただいた多くの生徒さんに、受講科目以外のテキストを配布致しました。

すでに4月上旬に『テキストの進め方説明会』を実施して、学校のワークや塾のワークをどのように使いこなしていくかを説明させて頂きました。残念ながら都合がつかなかった受験生の皆様にも、5月より第1回進路面談(生徒さんとの二者面談)が始まりますので、その際に詳しく説明させて頂く予定です。

それでも、配布された受講科目以外のテキスト、自分で使いこなしていくことが中々難しいという生徒さんもいらっしゃると思います。ですからセンター南校では、進捗管理表を用いて受講科目外の宿題指示を出しています。こちらがペースメーカーとなりますので、ある程度学習のペースも掴んで頂けるのではないかと思っていますので、ご安心ください。

いずれにしても、今は悠長に構えている時期ではありません。呑気に時間を持て余している時期でもありません。年度の最初で良いスタートダッシュを切ることができれば、上手く軌道に乗せた状態で学習を進めて進めていくことができます。無策で奏功することはなし。

昨年春に小学校を卒業するとき、オールBの成績だった生徒さんが、1年後の春5科の偏差値で66を取っています。

彼の印象は、昨年4,5月に授業の無い日も毎日自習に来て、納得するまで質問を続けていたことでした。思い起せば、その1,2ヶ月が今の彼を決定付けたようにも思われます。

そして、今年。テキスト説明会を行った翌日から、平日は毎日自習に来る新中学1年生の男の子たちが目立ち始めました。彼の再来を私は密かに期待しながら、毎日をウキウキと過ごしている今日のこの頃であります。

皆さん、この時期を本当に大事に大事に過ごしていきましょう。

 

では。

 

 

  • 合格実績
  • 虎の巻ブログ
  • instagram

体験授業、資料のお申込みはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-131366

11:00~21:00(土曜19:00まで/日祝休業)