トップページ > 各校のご案内 > センター南校トップ > お知らせ > [結果速報] 第2弾!!!!!!!! 公立中学校定期試験結果速報! (斎藤充雄)

[結果速報] 第2弾!!!!!!!! 公立中学校定期試験結果速報! (斎藤充雄)

更新日:2015年2月26日

皆さん、こんばんは! サクシードの斉藤充雄(みつお)です!

サクシード センター南校の公立中学学年末試験の結果速報です!

2月16日(月)の週から始まった学年末試験ですが、結果が続々と返却されています!

センター南校の勢いは果たしてどこまで続くのでしょうか。事務兼講師の私共としても、生徒の皆様の勢いにはただただ驚くばかり・・・。

 

それでは結果を!!!!

皆さんが総じてよく頑張って下さったのですが、申し訳ありません、書ききれませんので、

その中でも私斎藤が特に印象に残った結果ベスト5を報告いたします。

10点、20点アップはありふれていましたので、それ以上のものを中心に・・・。

(今回のテスト、個人的に茅ヶ崎中のインパクトが強すぎて学校がやや偏ってしまいました。悪しからず・・・)

 

では、★5つをご紹介しましょう。

 

★ 倍増ラッシュ!

今回の学年末試験では数名の生徒さんにおいて倍増アップが見られました。

茅ヶ崎中Uさん 数学33点→66点 (倍増!33点アップ!)

茅ヶ崎中のAさん 数学35点→70点(倍増!35点アップ!)

茅ヶ崎中のJくん 数学28点→56点(倍増!28点アップ!)

毎日居残りをして英語・数学の特訓を行いました。ようやく型ができてきたような気がします。

うち2人は私の担当生徒であり、今回の斎藤チルドレンの結果は個人的にも格別の喜びであります!

ただ、同学年にはまさかの50点アップがいたそうですよ!それを聞きますと私まだまだ力不足だなぁ~。

 

★ 茅ヶ崎中Tさん  社会95点! 間違えた問題はなんと、時事問題と記述問題1問のみ!

私、斉藤が毎回時事問題を作っているのですが、いや~責任問題ですね(涙)

茅ヶ崎中の時事問題の出所は事前に情報収集して自信があっただけに、悔しいです。今度こそは・・・!

あッ、言い訳させて頂きますが、川和町の時事問題(1年)は全問的中でしたよ!! (強調)

 

★ 茅ヶ崎中Kさん  全教科平均85点以上も笑顔を見せず、90点に届かないことへの危機感を見せる。

『今回もよく頑張ったよ』、そう声をかけたいのに落ち込んでいる。全科目80点以上の結果を残しながら、平均90点に届いていないことへの悔しさが非常に印象的でした。現状に満足せずに更に高みを目指そうとするその思いが、今後の成長に繋がるのでしょうね。たまたま好成績をとって満足して次回成績を落とす子がいる中で、常に自分に高い目標を課してそれを乗り越える為の努力を続ける。そんな姿に私も85点を90点に底上げする工夫を考えなければならないと強く思いました。次こそは!一緒に頑張ろう!

 

★ 茅ヶ崎中のMくん 後期中間の数学10点(130点満点)から46点(100点満点)に急上昇!今後の飛躍に期待感!

教室長の泓田が『いやぁ~ これは鳥肌が立ったよぉ~!』と繰り返していたのが印象的ですね。得点率に換算すると598%アップ!テスト後に『今回はちょっと頑張れましたッ!』なんて担当講師に話していたので密かに楽しみにしていたのですが・・・、いやぁこれは期待以上。これは素直に評価できる成長ではないかと。まだまだ決して満足できる点数ではありません、でもしかしこれを機に、『まだまだ頑張れば俺はやれる』そう思ってもらえること、そしてその気持ちに支えられて更なる努力ができることが大切なのではないでしょうか?今まで自習になんて来なかった彼が、試験期間中は自ら自習に来て長時間勉強している様子も見ました。今後の更なる飛躍に向けて布石を打った、そんな試験だと思っています。次に向けて本当に期待感しかないですね。

 

★ 川和中も忘れるな!

 Nくん、悔しさをバネにテスト直しレポートに成績を賭ける!!

  授業後の居残りを経てA4レポート用紙4枚の超大作を見事完成!!

 Kくん、時間配分のミスを見事克服し、英語64点→85点!!

 今回印象的だったのは、川和中生たちの意地と奮闘でしょうか。まずはNくん、英語のテストは70点弱と決して満足できるものではありませんでした。ケアレスミス(綴りミスや大文字小文字のミスなど)を中心にもったいない失点ばかりでした。これが実力と言えば否定する術はありませんが、普段の授業の様子を見るともっととれるべき実力の持ち主なのです。しかしNくんは決して投げやりになることなく、今回の結果を元にどうやって内申点を上げるかを必死で考えてくれました。その結果辿りついた答えがテスト直しレポートでした。テスト直しレポートは教科によっては提出が義務付けられた課題の一種です。しかし彼は英語に国語に、提出義務のない科目のレポートをかなりのハイクオリティで仕上げていくのです。(もちろん、見てもらうためのレポートですから作成手順については指導しました。)結果、先生から『Good Job!』のコメントともにレポート返却がなされたそうで。結果は大事ですが、自己の弱点を認識・分析し、今後自己の課題に対してどう取り組んでいくかということを、今回のレポート作成を通じてNくんが学んでくれたのであれば講師として非常に嬉しいです。

出てしまった結果に足してくよくよする事無く、出てしまった結果に対して何をするべきなのかを考えて行動できる気持ちの強さを評価したいですね。

続いてKくん、2学期の中間試験では英語が64点、『どうした!?』と思って答案を見ると後半が真っ白・・・。理由を問いただすと、「分からなかったわけではない、時間が無かった。』と・・・。愕然としましたね。だって、書いている部分はほぼすべて正答なのですから!!書けば当るかもしれない選択問題も全て空欄でした。『時間があれば君は絶対に全問正答できるんだから!』なんて教室長が力説していましたが、その通りだと思います。時間配分を誤らなければできる力を持っているのです!

そんな中で臨んだ今回の試験、空欄は残ってました。英作文を中心に書かない(『書けない』ではない)問題も複数問ありました。しかし、今回驚いたことは、順番通りに解き進めた結果手付かずだった後半の選択式読解問題も、先に手をつけて全問正解!!未記入の問題が圧倒的に減少していたことでした。100点取れる実力を充分に引き出すことはまだできていませんが、彼も次の試験に向けた布石を打ったと思っても良いのではないでしょうか!次こそは95点オーバー!見ていてくださいよ!

 

200人を超える生徒さんがいらっしゃり、それぞれの生徒さんが日々それぞれの目標に向かってそれぞれの壁を打ち砕こうと必至に頑張っている熱気ムンムンのセンター南校。今回の定期試験にもそれぞれのドラマがありましたが、数々のドラマに携われることの喜びを感じた試験週間でした。泓田が『こんなにもゾクゾクして、自らが奮い立たさされる教室が他に在ると思うか?』というその言葉が今こうしてヒシヒシと、1年半の勤務を経て実感に変わっていますね。

さぁ、27日はついについに公立高校合格発表日!大号泣した去年の再来を期待したいです。

また、次回は大学受験の結果速報です!!ICUの合格者も・・・!?!?

では、本日はこの辺で失礼いたします!!

 

サクシードセンター南校事務兼講師

及び サクシード川和町講師

斎藤充雄

※斎藤充雄に関してはサクシードセンター南校 講師紹介ページをご参照ください。

  • 合格実績
  • 虎の巻ブログ
  • instagram

体験授業、資料のお申込みはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-131366

11:00~21:00(土曜19:00まで/日祝休業)