トップページ > 各校のご案内 > センター南校トップ > お知らせ > 小学校でオールBの成績が、中学で夢の偏差値70へ 変わったのは『意識』です

小学校でオールBの成績が、中学で夢の偏差値70へ 変わったのは『意識』です

更新日:2015年8月26日

こんにちは、サクシードの泓田です。

夏期講習も終盤に差し掛かかり、先日22日には夏期講習の成果を試す模試を行いました。

29日に第二弾の模試(今回とは別の模試、受験場は22日と同じくセンター南校)が行われます。

 

結果返却までに2、3週間を要するかと思いますので、しばらくお待ち下さい。

結果を送付するに先立って、私は皆さんの答案を”他者”採点をするのですが、今回は平均点が40台後半~50台半ばの模試で、96点(数学)を取った生徒がいました。(ミスをした1問は大問1の計算問題、分配法則のミスのみ。)

他に80、90台を取った生徒たちがいる中でも、特にそのインパクトが大きかったのは、おそらく彼の小学校時代の成績と、それ以後の努力・成長があるからだと思います。

現在中学2年生のその生徒は、小学校の6年生での最終成績はオールB(5年生の時にはCもついていた)、中学1年生の4月に行った模試でも偏差値50を下回っていたように、元々出来ていた訳では決してありません。小学6年生の頃には、塾の授業でも居眠りをしてしまうなど、当時の勉強に対する姿勢と実力は、まさに“中途半端”で、このままだと中学で苦しみそうだなぁと心配したものです。

そんな彼が中学生になろうとする春、私は彼に「中学になったら小学校までの勉強はリセットされたと思っていい。今までのように燻っていたいなら今までどおりの勉強を続けたらいい。でも、今の状況に対して嫌だなとか、苦しいとか、モヤモヤするとか、そんな後ろ向きな感覚がわずか少しでもあるなら、今がそれをリセットするラストチャンスだと思って欲しい。」そして、「最初で、スタートで3年間は決まるから、これからは過去を気にせず、とにかく貯蓄を作ることに専念していこう!」と話しました。

彼は私の話を無言で頷くだけで何が彼の心に響いたのか分かりませんが、行動が変わったのはちょうどその直後からでした。そしてそこから、ハイペースでの先取り学習(貯蓄作り)が始まりました。足りない知識と技能は(小学校の内容まで遡って)リアルタイムで補い、分野ごとに関連づけて弱点を克服していきました。今こうして振り返ってみると、決して十分な地盤が備わっていたわけではない状態から、意識を変え、行動を変え、行動を継続して実力を蓄えていった1年半であったと思います。

そして今では2年生ながらも、神奈川の入試問題にも既に手をつけ始め、それに十分に太刀打ちできるまでに成長しました。恥ずかしながら授業では特別な工夫をこらしていませんが、(もちろん、ビシッバシッと頑張ってもらってはいますが、笑)、今年に入ってから既に偏差値を10伸ばして、5科66までもってきた彼が、今回の模試でとうとう偏差値70を射程に捉えたのはこの上ない喜びであります。本当に、今回も結果返却が楽しみです。(70に届いているといいな・・・)

 

繰り返しになりますが、彼が変えたのは意識で、私が図ったのはただ意識改革だけでした。

意識を変えるためには、働きかける側の『言葉』と『行動(態度)』が必要で、その子に応じて『言葉』と『行動』を選ばなければなりません。そして適切に選ばれた『言葉』と『行動』が上手く伝わり、意識の変わった子ははっきり言って勝手に成績が伸びていきます。これは別の子の話になりますが、小学校5年生の1月時点で国語の偏差値43、算数の偏差値39(進研模試)だった生徒が、中学3年生の最終内申で42(45点満点)を取るまでに成長しました。でも、その子はある日『やばい、やばい、どうしよう・・・』と言いながら勉強をするようになりました。その子の行動変容の背景にもやはり、危機感の認識という意識の変化があったのです。

約2,3ヶ月前のことですが、新しく入塾された生徒さんの保護者様が、『失礼だとは思いますが、(どれだけ勉強を教えることに自信を持っていたとしても、)うちの子が変わらなければ、伸びないと思うんです。塾なんてどこに言っても同じだと思っています。』とおっしゃられましたが、それはまさに的確なお考えです。しかしそんな生徒さんも、入塾初月の6月末に受けた模試は偏差値5科48(3科47)から、最近返却された模試では偏差値5科60(3科62)に。彼には特別な働きかけをした訳では無いのですが、いつの間にか自習室でも頻繁に顔を見かけるようになりました。1人1人個々に働きかけていくことはもちろんですが、皆の意識に同時に働きかけていけるように、しっかりと教室環境を作ることも大切なのです。

意識が変われば、行動が変わる。行動が変われば、自分に足りないものがどんどんと見えてくる。そして、それを克服しようと試みる。その繰り返しが行動の持続力に繋がり、その蓄積が実力の向上を導く。全てのきっかけは『意識』です。だから私は皆さんの『意識』にしっかりと働きかけていけるように、常に精進していかなければと覚悟しています。

それでは本日はこの辺で、失礼します。

 

 

  • 合格実績
  • 虎の巻ブログ
  • instagram

体験授業、資料のお申込みはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-131366

11:00~21:00(土曜19:00まで/日祝休業)