トップページ > 受験対策ブログ > 高校受験の巻TOP  > 塾講師が教える!県立【岸根高校】の評判・学校情報!

塾講師が教える!県立【岸根高校】の評判・学校情報!

平成28年10月26日(水)

今回は、県立「岸根高校」の評判と、試験の傾向を説明します。
岸根高校・学校HP

生徒さんの口コミ情報はこちら↓
サクシードの生徒で作る岸根高校の学校情報

 

評判

神奈川県立岸根高校は、横浜市港北区にある全日制、共学の公立高校です。

[環境]

最寄駅はJR「新横浜」駅(徒歩15分)や横浜市営地下鉄「岸根公園」駅(徒歩10分)になります。
丘の上に学校があり、緑に囲まれた落ち着いた環境となっています。

[学習]

生徒たちの多様化する進路希望に対応するため、2年次以降は学習科目を選択することができます。
3年次には、必修科目が現代文B、体育など5科目に抑えられ、大幅な選択科目制が導入されています。
必修選択科目に加えて、3科6単位は自由選択科目として履修でき、数学活用、英語購読、フードデザイン、情報の科学など、多様な科目を選択できます。

[校風]

岸根高校は、縄文・弥生時代の遺跡の上にあります。古代から文化の地であったその風土で、スクールテーマは「文化」であり、スクールカラーも「みどり」です。
自由な校風で、闊達に自分の勉強や部活に取り組める環境があります。自分次第で、学校生活がどんどん充実したものとなっていくしょう。
能動的に学校生活をエンジョイしたい生徒さんにはぴったりの校風です。

[部活動]

運動部、文化部共に活発です。
運動部では体操部がインターハイ出場や関東大会出場を果たすなど、強豪校として知られます。
男子バレー部も関東大会出場経験を持ち活躍が目立ちます。他にもアメフト部、テニス部なども多くの成績を残しています。
文化部では吹奏楽部が東関東大会出場、演劇部が横浜市高等学校演劇発表会最優秀賞受賞など、運動部に負けない活躍を見せています。

受験

平成27年度より、評定と学力試験と面接の比率が変わり、3:5:2→4:4:2となりました。
受験の内申目安は100ですので、評定では4以上の教科をどれだけ確保できるかが鍵となります。
得意科目はぐんぐんと伸ばし、逆に極端な苦手科目を作らないよう、まんべんなく学校の勉強に取組むことが肝要です。

[併願校]

偏差値は50、受験の内申目安は100です。
併願校としては横浜創英(普)、横浜翠陵(文)、鶴見大附、横浜商科大、麻布大附などが挙げられます。

[進路]

H27年春 ※カッコ内は人数(現役生のみ)
首都大東京(1)、横浜市立大学(1)、慶応義塾大学(1)、早稲田大学(1)、青山学院大学(9)、明治大学(6)、法政大学(17)、日本大学(29)、東洋大学(18)、駒沢大学(19)、専修大学(27)、東海大学(16)など。

【県立 岸根高校】を志望校にされている方へ

マンツーマンの指導だからできる精度の高い学校別対策でお子様を合格まで導きます。

  • 個別指導塾で志望校対策
  • 家庭教師で志望校対策

  • 資料のご請求
  • 無料体験授業
  • 体験授業のお申込み
  • 教室見学のお申込み
  • 資料のご請求
  • 合格実績
  • 虎の巻ブログ
  • 高校情報
  • facebook

  • 資料のご請求
  • 無料体験授業