トップページ > 受験対策ブログ > 高校受験の巻TOP  > 塾講師が教える!県立【生田高校】の評判・学校情報!

塾講師が教える!県立【生田高校】の評判・学校情報!

平成29年4月12日(水)

今回は、県立「生田高校」の評判と、学校情報について説明します。
生田高校・学校HP

 

 

評判

神奈川県立荏田高等学校は、神奈川県川崎市多摩区にある全日制、男女共学の公立高校です。

[環境]

最寄り駅は小田急小田原線生田駅です。駅から学校まで徒歩で25分かかるためバスを利用
する方が多いです。また、バスの利用を考えれば、小田急線百合ヶ丘駅・新百合ヶ丘駅、
東急田園都市線宮前平駅・たまプラーザ駅からも通学可能です。

広いグラウンドと6面あるテニスコートが特徴的です。
また、体育館を地域住民のために解放しており、スポーツ活動を中心に地域交流の場となっています。

[学習]

全日制普通科高校です。普通科の中にコースが2種類あり、一般コース・自然科学コースに分かれています。
一般コースでは幅広い必修科目で基礎学力を充実させ、2年生からは選択科目、3年生からは理系・文系に分かれた授業を行います。
自然科学コースでは理系に興味を持つ生徒さんが学んでいます。
数学・英語・理科の少人数授業や富士山麓のフィールドワーク、筑波研究都市の研究所訪問など特色ある授業を展開しています。
明治大学と高大連携プログラムを実施しており、高校在学中に大学の講義を受けることもできます。

[校風]

「自由と規律」を教育目標にしており、真面目な生徒さんが多いです。部活動や行事にも積極的でメリハリのある校風です。
ICT(情報通信技術)教育に力を入れており、タブレットを使った授業など、新しい取組みを行っています。
近隣に向けて体育館を解放したり、近くの百合丘高校と合同で球技大会を開催するなど、学校の外へ向けた活動も盛んです。

[部活動]

部活動が盛んであり、入部率が95%を超えています。
運動部ではバトミントン部が全国大会に出場し、ハンドボール部、水泳部、ワンダーフォーゲル部が関東大会に出場しています。
文化部では吹奏楽部が関東大会に出場し、科学部が高文連会長賞を受賞しています。

受験

評定と学力試験と面接の比率は4:4:2となり、評定・学力ともにバランスよく高める必要があります。
自然科学コースでは数学と理科が重点化されており、評定・学力試験ともに2倍となります。
自然科学コースを受験する人にとっては数学と理科の対策が重要となります。

[私立併願校の例]

桜美林、多摩大目黒、駒澤大学、東海大相模、朋優学院、横浜翠陵、横浜創英などを併願校にしている方が多いです。

生田高校の内申目安が109なので、私立併願はオール4必要な学校を選ぶ方が多いです。

・平成28年度進学実績

国立大学:東京学芸、東京濃工、首都大東京、電気通信、横浜国立など
私立大学:早稲田、慶應、上智、明治、青山、立教、中央、法政、学習院、東京理科など

生田高校は指定校推薦が多く、関東の私立大学を中心に約130校の指定校推薦があります。

【県立 生田高校】を志望校にされている方へ

マンツーマンの指導だからできる精度の高い学校別対策でお子様を合格まで導きます。

  • 個別指導塾で志望校対策
  • 家庭教師で志望校対策

体験授業、資料のお申込みはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-131366

受付時間 13:00~21:00(日祝除く)

※遅刻・欠席などの教室へのお問い合わせは各教室ページより教室へ直接お願いします。

  • 合格実績
  • 虎の巻ブログ
  • instagram
  • 高校情報
  • facebook

体験授業、資料のお申込みはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-131366

受付時間 13:00~21:00(日祝除く)