トップページ > 受験対策ブログ > 高校受験の巻TOP  > 塾講師が教える!県立【市ヶ尾高校】の評判・学校情報!

塾講師が教える!県立【市ヶ尾高校】の評判・学校情報!

平成28年11月5日(月)

今回は、県立「市ヶ尾高校」の評判と、試験の傾向を説明します。
(この記事は市ヶ尾高校出身の先生が執筆しています!)
市ヶ尾高校・学校HP

生徒さんの口コミ情報はこちら↓
サクシードの生徒で作る市ヶ尾高校の学校情報

 

評判

神奈川県立市が尾高校は、横浜市青葉区にある全日制、共学の公立高校です。

[環境]

最寄駅は市が尾駅(田園都市線)、徒歩15分。
生徒数各学年400名弱のため、いろんな人と出会えるのが魅力です。3学期制で授業は45分授業を一日6~7時間です。100授業も併用して授業を行っています。
学校のすぐ傍を川が流れており、周辺には古墳などもある自然の多い環境です。

[学習]

2年次から、自分の進路に合った科目を選択することができます。理系・文系と大きく二分化するというより、自分の進路に合った授業を受けることが可能です。
3年生からは、必修科目も数えるくらいしかないので、受験に必要な科目を重点的に学習していくことができます。科目によっては、授業時間が100分の形式で行っているものもあり、インターバルを挟むことなく、集中して授業を受けることができます。

[校風]

自主性を重んじる校風なので、厳しいルールが設けられていません。
生徒一人ひとりがきちんと節度ある行動を心がけています。
学習面でも、質問や気になることがあれば、気楽に先生に相談できる環境のため、意欲的な生徒には、非常に過ごしやすいです。

[部活動]

文武両道を掲げており、生徒の8割ほどが部活に所属しています。
どの部活も活発に活動しており、学校の中にいると各地から活気のある良い声が聞こえてきます。
朝練なども行われており、しっかりと部活をやりこむことができます。

受験

評定と学力試験と面接の比率は、4:4:2となり評定と学力試験の比重が同じになります。
また、評定では音楽・美術・体育・技家の点数の高い1教科×2になりますので、副教科の対策もきちんとしておく必要があります。

[併願校]

【挑戦校】中央大附属横浜(普)、日本大学(特進)、法政大学第二(普)
【同レベル校】桜美林(普)、多摩大学目黒(普)、文教大付属(普)、横浜隼人(普)、横浜翠陵(特進)、日本大学(普)
【安全校】駒澤大学(普)、横浜創英(文理)、横浜翠陵(普)、駒場学園(特進)

[進路]

【26年度実績】
国公立大学22名 東工大、東京学芸大、横浜国立大、横浜市立大、首都大 他
私立大学〈早・慶・上・理科大〉34名、〈G-MARCH〉201名 その他814名

【県立 市ヶ尾高校】を志望校にされている方へ

マンツーマンの指導だからできる精度の高い学校別対策でお子様を合格まで導きます。

  • 個別指導塾で志望校対策
  • 家庭教師で志望校対策

  • 資料のご請求
  • 無料体験授業
  • 体験授業のお申込み
  • 教室見学のお申込み
  • 資料のご請求
  • 合格実績
  • 虎の巻ブログ
  • 高校情報
  • facebook

  • 資料のご請求
  • 無料体験授業