トップページ > 受験対策ブログ > 大学受験の巻TOP >塾講師が教える!簡単な【小論文】の書き方!

塾講師が教える!簡単な【小論文】の書き方!

平成26年10月20日(月)

塾講師として大学受験生を受け持つ中で、「小論文」が苦手という生徒さんがとても多いな、と感じます。
小論文で1番とっつきにくい点は皆さん共通しています。
それは「書き方」です。
ある小論文の問題で、問いに対しての自分の立場、その理由付けは口頭で答えられても、いざ書面で書いていくとなると、書けないのです。
それは、なぜでしょう?答えは簡単です。論文なんかそもそも読んだことがないからです。そんな高校生がいきなり論文なんか書けません。
では、どうやったら書けるようになるのでしょう。理想は小論文の模範解答を読み込むのが一番良いでしょう。ただ、それには少し時間がかかります。
そこで、今回は誰でもすぐにできる小論文の簡単な書き方を説明します。

書き方例

今回は「制度やある事象に対する是非を問う問題」を扱う小論文の書き方を考えていきます。
例えば、ごく簡単な例として「原子力発電を廃止することの是非について述べよ」という問題を考えてみましょう。

 

(1)「賛成」「反対」など導入で自分の立場を明確に

「是非」ですので、ここでは「反対」「賛成」(部分的に賛成等の書き方もありますが今回は省略します)のいずれかの立場をとります。
まずは導入として自分がどちらの立場であるのかを文頭に書きましょう。
今回は「賛成」(原発廃止)の立場で考えます。 「私は原発を廃止することに賛成である」と自分の意見をはっきり書きましょう。


(2)「確かに~。」反対の立場の主張・メリット・利益

続いて、反対の立場のメリット、利益を書きます。本問であれば、「確かに、原発はコストの面で有利、温室効果ガスを出さない等々」ということを書きます。
「反対の立場に配慮する姿勢を見せる」ことは重要なことです。なぜなら、是非が生じる問題には必ず、メリット・デメリットが生じているからです。
そもそも、議論となる問題で一方が必ず正しいといった状況はありえません。
自分の主張が正しいと考えることは悪いことではないですが、反対の主張内容も勘案し相手の主張にも配慮することが問題解決にとって大事なことです。

 

(3)「しかし~。」自分の立場の主張・メリット・利益→反対の立場への配慮

次に、反対の立場のデメリットを書いていきます。本問であれば、「しかし、原発で一度事故が起こると取り返しのつかない大惨事になりうる、また、放射性廃棄物をの処理の問題も生じる等々」を書き、続けて自分の取る立場の主張理由を書きます。
さらに、反対の立場が主張する利益に関して自分の立場からもその利益を実現できるなど反対の立場に配慮する姿勢を見せます。
例えば、「一方で、原発を廃止しても地熱発電や風力発電などを推進していくことで温室効果ガスの抑制は出来るし、コストの面でも前述の地熱・風力あるいは太陽光発電等の自然エネルギーの積極的な採用とその効率化が進めば解消されると考える。」といったことが書ければよいでしょう。

 

(4)「したがって~。」結論

最後に結論として自分の立場を述べれば終わりです。「したがって、私は原子力発電を廃止することに賛成である。」と述べて終了です。

小論文を書く上で重要なこと

小論文の書き方は、以上の書き方を基にして、アレンジしていけば書けるようになります。
しかし、内容の面(対立する考え方や対立利益への配慮等)は普段からニュースや新聞で話題になっていることに興味を持ち、「対立している立場や利益を考える」癖をつけていくことが大事になります。 (例えば、TPP問題ではどのような利益と利益が対立してるか言えますか?)対立利益を意識することができるとディスカッションをするときにも役に立ちます。
相手の考えが分かっていれば論点の整理も簡単にできるのでディスカッションの方向性を明確にしたりできます。

議論になっている以上「ある考えが完全に正しい」ということはありえません。
反対利益にも配慮したより良い選択ができる訓練にもなるので、「対立利益を考える癖」をつけていってください。そうすると小論文の内容にも幅がでてきますよ。

体験授業、資料のお申込みはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-131366

受付時間 13:00~21:00(日祝除く)

※遅刻・欠席などの教室へのお問い合わせは各教室ページより教室へ直接お願いします。

  • 合格実績
  • 虎の巻ブログ
  • instagram
  • 高校情報
  • facebook

体験授業、資料のお申込みはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-131366

受付時間 13:00~21:00(日祝除く)