トップページ > 受験対策ブログ > 中学受験の巻TOP  > 塾講師が教える!【麻布中学校】の評判・出題傾向と対策

塾講師が教える!【麻布中学校】の評判・出題傾向と対策

平成28年06月27日(月)

今回は中学受験を目指す小学生の生徒さんのために、私立「麻布中学校」の評判と、試験の傾向を説明します。

麻布中学校HP

 

評判

麻布中学校は制服や厳しい校風が無いなど、自由な校風が特徴的な男子校です。
生徒が中心となって行う文化祭は毎年盛り上がります。

[受験]

入試は例年2月1日の1回のみ、4科目の試験のみ行われます。
御三家中学の1つであり、最盛期より偏差値は落ちてきたもののいまだに根強い人気があります。
高校からの編入がないため、中学受験でしか入学できないという事も特徴として挙げられます。

[環境]

港区元麻布に校舎があり、最寄り駅の日比谷線広尾駅から有栖川公園沿いに徒歩10分です。
六本木駅や麻布十番駅からも通学可能です。都心部ですが校舎周辺は落ちついた雰囲気で、有栖川公園内の東京都立中央図書館もよく利用している生徒がいるそうです。
自由闊達・自主独立を謳う校風で、中高6年間私服通学が許されており校則がほとんど無いことで有名です。

[学習]

毎年、現役浪人合わせて東大合格者数90人前後を輩出しており、過去数十年にわたり東大合格者数トップ10に入り続けています。一方で受験教育に終始しない、ということを方針として掲げており、学問の本質や自分で考える能力について学ぶ機会を多く与えることが特徴です。
記述形式の課題が多く、たとえば中学3年時には卒業課題として班で指定小説について1万字程度のレポートを書くなど、しっかりと記述をさせることもまた特徴です。

[生徒]

主だった校則がないため、自由でのびのびとしている生徒が多く、学校に行く事を楽しいと思っている生徒が多いようです。男子校ということもあり、真面目な生徒から個性的な生徒まで一緒に仲良くしているそうです。
部活や文化祭体育祭の運営も生徒が主導で行うため、他校に比べかなり変わった雰囲気があります。

出題傾向

[算数]

60分60点満点で、大問6題構成です。応用的で見慣れないような問題が多いですが、基本に基づいた思考力や小問の誘導に乗ること、早くて正確な計算力が求められます。
図形問題、数の性質、速さについての計算などの出題が多いです。

[国語]

60分60点満点で、毎年小説や物語文の読解問題1問のみです。
1万字程度のかなり長い文章題で、漢字数問以外はほぼ記述問題です。
抜き出しなどはほとんど出題されず、長い文章を読み込んだ上で自分の言葉でまとめる・記述する能力が求められます。

[理科]

50分40点満点。大問4問程度の構成で、実験の説明など設問の文章が長いことが特徴的です。
記述問題も多く、時には小学校範囲を超えた内容をテーマにした大問なども見られます。
しかしどの問題も基本的には知識や問題文、小問に基づいて法則性や結論を見出し、それを用いることが求められており、思考力が問われます。

[社会]

50分40点満点、例年長文総合問題1問のみです。
なんらかのテーマに沿ってさまざまな文章や資料が提示されており、それらについて全分野からさまざまな見方で問う小問から構成されています。
また、テーマに沿って自分の考えなどを述べる問題もあり、多くの文章・資料を読み解く能力、しっかりとした記述力が必要となります。

【麻布中学校】を志望校にされている方へ

マンツーマンの指導だからできる精度の高い学校別対策でお子様を合格まで導きます。

  • 個別指導塾で志望校対策
  • 家庭教師で志望校対策

体験授業、資料のお申込みはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-131366

受付時間 13:00~21:00(日祝除く)

※遅刻・欠席などの教室へのお問い合わせは各教室ページより教室へ直接お願いします。

  • 合格実績
  • 虎の巻ブログ
  • instagram
  • 高校情報
  • facebook

体験授業、資料のお申込みはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-131366

受付時間 13:00~21:00(日祝除く)