トップページ > 高校生コース(大学受験) > 早慶上智 入試対策コース

高校生 / 早慶上智 入試対策コース

私大の問題は国公立と比べ、問題の自由度が高いので過去問を解くことでその傾向や出題の 仕方を把握していくことが、問題慣れすることが必要だと思います。 また、私大はマニアックな問題が出ることがありますが、そのような問題が解けるようになるよりも 皆が解けるような基本的な問題を解けることが重要です。したがって大学入学共通テストや模試でできない範囲を確認していきましょう。

このような生徒さんの
ためのコースです。

  • 慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学への入学を志望している方
  • 慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学への入試の対策に不安がある方

授業事例

Fくん(サレジオ学院高)の場合

私大の問題は国公立と比べ、問題の自由度が高いので過去問を解くことでその傾向や出題の 仕方を把握していくことが、問題慣れすることが必要だと思います。 また、私大はマニアックな問題が出ることがありますが、そのような問題が解けるようになるよりも 皆が解けるような基本的な問題を解けることが重要です。 したがってセンターや模試でできない範囲を確認していきましょう。慶應義塾大学を第一志望として本コースを受講。過去問に頻出する単元からスタートし、大学独自の問題形式での練習を繰り返し行うことで安定した得点力を定着させた。総仕上げに過去問を使用して演習し、理工学部学門4への合格を見事勝ち取る。

Aさん(市ヶ尾高)の場合

上智大学を第一志望として本コースを受講。苦手科目である英語の難易度が高い入試であったため、入試問題に即した単語、文法といった英語に特化した対策からスタートした。長文を読んでいくにつれ、単語力、文法力が格段に上がり、英語を得点源にすることができ、他の科目の対策に余裕が出た。総仕上げに時間も再現した過去問演習を行い、文学部への合格を見事勝ち取る。

Sくん(川和高)の場合

早稲田大学を第一志望として本コースを受講。複数の学部を同時に受験することを希望していたため、得意科目である英語を安定した得点源にするよう、過去問演習を中心に取り組んだ。頻出する単語を厳選した「早稲田大学対策英単語」サクシードで作成し、得点力を向上させた。結果、政治経済学部、法学部の合格を見事勝ち取る。

体験授業、資料のお申込みはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-131366

11:00~21:00(土曜19:00まで/日祝休業)

※遅刻・欠席などの教室へのお問い合わせは各教室ページより教室へ直接お願いします。

  • 合格実績
  • 虎の巻ブログ
  • instagram
  • 高校情報

体験授業、資料のお申込みはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-131366

11:00~21:00(土曜19:00まで/日祝休業)