お近くの教室を探す

お近くの教室を探す

SAPIXのフォローとして、個別指導塾に週1~2回通う生徒さんが増えています。

最近、SAPIXのフォロー・補習を目的としたご依頼がたいへん増えております。「授業についていけるようにしてほしい」「最上位クラスから落ちたくない」など、ご家庭のお悩みは様々です。できるだけお子さまの負担にならないよう、効果的なフォローをするためには、SAPIX以外での時間の使い方、進塾の課題を効率的にこなす工夫などが不可欠です。そのノウハウをもったサクシードが、お子さまの負担を増やすことなく合格までのフォローを行います。

このようなご要望に対応できます。

  • SAPIXのカリキュラムに沿った授業をしてほしい。
  • SAPIXの授業内容に合わせて、受験対策をしてほしい。
  • マンスリーテストや組み分けテストで良い成績を取りたい。
  • 宿題を効率よく進めたい。
  • 上位クラスに入れるよう対策をしてほしい。

自身も受験経験のある講師が、生徒さんに受験と向き合う力を与えます。

受験勉強中の生徒さんの中には「受験をするのに、塾の授業にもついていけない自分」を自覚し、自信を失くしている子も多くいます。「自分はできないんだ」「こんなの難しくて無理」という思い込みは、勉強へのやる気をどんどん削っていきます。また、ちょっとした応用でつまずく子は、基礎が固まっていないことがほとんどです。 6年生にもなって3年生の内容から復習しなければならないという場面は、中学受験指導でもざらにあります。そんな時、生徒さんのプライドは少なからず傷つきます。サクシードの講師は、そうした生徒さんの「感情の動き」に常に気を配りながら接するように訓練されています。逃げたくなる心を励まし、力強く導いていく存在として、サクシードの講師が受験と向き合う力を与えます。まずはお気軽にご相談ください。

SAPIXのカリキュラムに合わせた指導で、無駄なく効率的に学習できます。

難関校受験向けのレベルが高くスピードが要求されるサピックスのカリキュラムでは、キャパオーバーになってしまっている生徒さんが多いのも事実です。 サクシードの講師は、課題の中から重要な部分と切り捨ててもよい部分をジャッジし、学習の効率を上げることに重点をおいた指導を行います。

授業事例

A君の場合

SAPIXの算数についていけていないのでそのフォローのため受講。理解不十分な部分を確認し、解説を納得いくまで行い、その後定着のため類題を繰り返し演習。少しでも理解が進んでいないと感じた場合は立ち止まって、解説を行うことを心がけて指導しました。その結果、疑問を残して進むことがなくなり、算数の点数がかなり伸びました。

B君の場合

マンスリーテスト対策として受講。範囲指定があるテストなので、テスト範囲の知識や問題を徹底して繰り返しました。また、分からない問題の解説とその類題演習は徹底して行いました。

体験授業、資料のお申込みはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-131366

11:00~21:00(土曜19:00まで/日祝休業)

※遅刻・欠席などの教室へのお問い合わせは各教室ページより教室へ直接お願いします。

  • 合格実績
  • 虎の巻ブログ
  • instagram
  • 高校情報

体験授業、資料のお申込みはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-131366

11:00~21:00(土曜19:00まで/日祝休業)